2012年9月台湾旅行記【1日目編】龍山寺・青草巷・華西街観光夜市・士林夜市

こんばんは、幸福ですぅ。

では、引き続き台湾・台北旅行記を。ちょっと長文です。

■1日目(成田→台北 龍山寺・青草巷・華西街観光夜市・士林夜市)

成田空港へは、成田スカイアクセス線を経由して行きました。

見にくいですが、これがエバー航空の飛行機飛行機。

台湾2012_6947.JPG

ご存知の方も多いでしょうが、航空会社のサイトにアクセスし、航空券を購入した際の予約番号などを入力すれば、事前に自分で飛行機の座席をグラフィカルに予約することができます。

今回もその方式で、窓側の座席を確保しました。

日本時間10:30に成田を離陸し、台湾時間13:05に着陸。台湾時間は日本時間+1時間です。

右斜め上飛行機右斜め下

荷物を受け取り、空港内の銀行銀行窓口で有料両替をします。(一般的な情報では、成田で両替するより台北で両替する方が率がいいと聞きます。なので、いつも現地で両替します。)

いくつかの両替窓口がありますが、今回は特にレートの比較は行いませんでした。(香港のチョンキンマンションの両替商は、店によってかなり率が違うので、必死によい店を探しますが・・)

というのも、どこの窓口でもレートに大差はないとのことなので、調べて比較している時間がもったいないのと、大金ならいざ知らず、せいぜい数万円程度の両替じゃ、レートが違ってもたかが知れてますから、手近な窓口で両替するのが良いと思います。私は大抵、臺灣銀行で両替してます。

今回の両替結果は 1元(NT$) = 2.688円 でした。(両替手数料を含んでます。)

両替所の案内はこちら

台湾桃園国際空港からホテルのある台北駅を目指します。

台湾桃園国際空港から1本で台北駅まで行く電車は現時点ではない為、いつもバスバスを利用しています。

エアポートエクスプレスのある香港などと比べるとちょっと不便ですね。

今回購入したガイドブックの記載や台北駅周辺で行われている工事の状況を見ましたが、どうやらMRT(地下鉄)が台北駅から台湾桃園空港まで工事中の様子でした。

調べてみると、台北駅と空港を35分で結ぶ路線になるとか。2014年くらいに開通予定らしいです。

これができれば便利になるなぁ。

最近は、空港からバスで台湾新幹線の桃園駅まで行き、そこから新幹線で台北駅、というルートもできていますが、今回もエアポートバスを利用します。

國光客運の国光号[1819 往台北駅]は、大人 125元で、台北駅までの所要時間は55分ほど。

バスの案内はこちら

台北駅に到着し、バス停から足歩いてホテルに向かいます。

そして、ホテルフォーチュンハイアットホテルに到着。

台湾2012_6957.JPG

現地の人から聞いたところ、かなり昔からあるホテルらしく、外見はそれなりに古さを感じさせるものでした。

しかし、中に入ってみると、最近リニューアルされたようで、床や壁面、そして部屋の中もきれいぴかぴか(新しい)でした。が、確かにリフォームしたような跡は見受けられました。

部屋でTVテレビを見ながらしばし休憩。

そして、台北の街へ出陣exclamation

まずは、龍山寺を目指し、台北駅のMRTに向かいます。

台北駅の大きな建物の中に入ると大きな空間がありました。

ここって、昔からこんな空間あったっけなぁ・・?(2011年にリニューアルされたようです。)

台湾2012_7105.JPG

台湾2012_6959.JPG

駅の1階には食べ物系のおみやげもの屋、2階には飲食店や東急ハンズ無印良品などがありました。

ハンズや無印を見てみましたが、基本的に日本で売っている商品がそのまま売っています。

なので、よっぽど“行きたいっ!”って人以外は行く必要はないと思います。

売り場面積も狭いので、品数も少なく、日本へのおみやげになるような物を発見するのは難しいです。

1階のおみやげもの屋の中で、ひときわ長い行列のできているお店がありました。

台湾2012_6961.JPG

列の先頭に行って店を見てみると、日本語の文字が。。

てつおじさんのチーズケーキ

台湾2012_6964.JPG

一緒に行った友人がそれを見つけて興奮しています。

なんと、以前日本のそのお店で働いていたことがあるとのこと

幸福は知らんかったけど、一時ブームになって、日本中にお店があったらしいですね。

ブームは去って店は少なくなったけど、今でも発祥の福岡にお店があるようです。楽天でも買えるみたい。

日本のお店では、オーストラリア産のクリームチーズを使って作っていて、焼き立てはふんわり、冷蔵庫で冷やしてもしっとりおいしく食べられるそうです。

こちらは1個199元ってことなんで、だいたい540円くらい。

日本と同じくらいの値段ですね。・・ってことは、台湾の物価としてはちょっと高いかも。

さて、MRTの台北駅に到着。

乗車券を買います。チケット

ん。以前はテレホンカードやパスネット(もう、これも死語か?)のようなプラスチックのカード乗車券だったけど、新月コイン型に変わってました。(って、前回2008年に行った時の写真見たら、その時にもう既にコイン型になってたみたい。)

台湾2012_6966.JPG

このコイン、改札を入る時は、改札口にタッチし、出る時には、改札口の穴に投入します。

初めて入場時にタッチする際、うまく反応してくれるか不安でしたが、大丈夫でした。

で、その後、ちょっと実験してみました。

コインをタッチ面に平行にしても、90度垂直に立てても、コインとタッチ面の間に指一本挟んでも決定でした。

そんな神経質にならなくてもいいみたい。

MRTに乗って「龍山寺」に到着。

台湾2012_6977.JPG

台湾2012_6978.JPG

老若男女、みんな真剣にお祈りしています。

ちょっと、写真撮影は遠慮気味になりました。当然、フラッシュ不使用。

が、後から来た、日本か韓国か中国の団体旅行客は、カメラフラッシュバシバシでした。。たらーっ(汗)

お祈りを済ませ、お寺の近くにある「青草巷」に行きました。

ここに行くのは初めて。

「青草巷」とは、薬草を扱うお店が軒を連ねた一角を言います。

台湾2012_6970.JPG

台北ナビの青草巷の説明はこちら

のども乾いてきたので、屋台の青草茶を飲みました。

青草茶とアロエ茶の2種類を飲みましたが、思ったほどは青臭くなく、ちょっとミントっぽい味もしました。

台湾2012_茶.GIF

なんか、体には良さそ~。手(パー)どんっ(衝撃)

青草茶:30元(81円)
アロエ茶:40元(108円)
※1元(1NT$)を2.7円として計算しています。この後も同様です。


続いて、「華西街観光夜市」を散策。

台湾2012_6985.JPG

ここは他の夜市と違い、ちょっと怪しいお店があったりします。モバQ

へびやすっぽん料理のお店や、おとなの○○○○キスマーク揺れるハートのお店など。。

この通りにもありましたが、1本平行に並んでいる通りには、海鮮のお店がたくさん軒を連ねていました。

見た感じでは、士林の夜市などに比べると、やや地元色の強い印象を受けました。

でも、こういうところの方が実はおいしい店が多いのかも。

台北ナビの華西街観光夜市の説明はこちら

そして、またMRTに乗り、台北旅行の大きな楽しみでもある「士林夜市」へ。

ここは、台北でも一番の大きさを誇る夜市です。

ファストフード系やスイーツなどの食べ物屋もあれば、洋服や雑貨などのお店が、網の目状に、まるで迷路のように並ぶ夢の場所です。

今回ぜひ確認したかったことがありました。

2002年から最寄りの剣潭駅駅前に臨時で営業していた食べ物系のお店が集まる美食広場が、去年の暮れに、本来あった場所(駅から見て左奥の方)に「新士林市場」として新オープンしたので、ぜひどうなったか見てみたいと思ってたんです。

旅々台北.comの新士林市場の移転マップはこちら

駅から少しくつ歩き新士林市場に到着。

台湾2012_6991.JPG

地上の1階部分には、おみやげ物屋をメインに、一部フルーツなどの食べ物屋も店を構えています。調理が必要ない系の食べ物のお店ですね。

こちらは、そんなにお客さんは多くなかったですねぇ。

地下の食べ物屋に向かう前に、一度食べたかった、向かいにある「豪大大雞排(士林二号店)」のフライドチキンをガッつくことにします。

台湾2012_6993.JPG

ここ、何店舗かあるんですが、いつも行列ができてます。TVテレビとかでも紹介されてます。

列に並んで自分の番が来ると、何ごとか聞かれました。目

内容は、辛いのを掛けるか掛けないかということ。

試しに辛いのを掛けてもらいました。

チキンを叩いて伸ばしてから揚げてるので、肉は薄くなってるだろうと思いきや、手に持って、けっこうボリュームありを実感。

顔くらいのサイズがあります。

台湾2012_チキンカツ.gif

おいしいけど、ひとりで食べるにはでかい。ひとりでこれ食べちゃうと、他のもの食えなくなっちゃうなぁ。

辛いの掛けてもらいましたが、わりとピリリと辛いです。でも、全部食べ切るには、ちょっと刺激があるくらいがいいかも。

1個55元(149円)

食べ台湾の豪大大雞排の紹介はこちら

さて、なんとか食べ終えて、新士林市場の地下へと向かいます。

地下は、食べ物屋がたくさんひしめいています。

台湾2012_6998.JPG

どの店からも鉄板のジュージューという音や食欲をそそるいい香りがただよってきます。

台湾2012_6999.JPG

ウィークデーの夜ですが、いつ来ても人が多いですねぇ。

台湾2012_7000.JPG

たくさんの店の中から、今まで食べたことのなかった(以前はあまり注目されてなかったと思うけど)「胡椒餅」に挑戦しました。

胡椒餅を買い、いつも楽しみにして、台北に来ると必ず食べる「蚵仔煎」(牡蠣のお好み焼き、もしくは牡蠣のオムレツ)の屋台の席に座り「蚵仔煎」を頼みました。

蚵仔煎ができあがるまで胡椒餅を食べ始めます。

買ったのは「老劉胡椒餅」というお店の胡椒餅。

台湾2012_7004.JPG

がぶり。。。あつぅ~exclamation×2

持っても熱かったけど、中もアツアツ。

台湾2012_7005.JPG

パリパリに焼かれた皮(かためのパンのような感じ)の中に、胡椒の効いた豚肉とネギのジューシーな餡が入っているのが胡椒餅。

この店の胡椒餅はほどほどの辛さ。もっと辛いものもあるらしい。でも、うまいねぇ。

主食のパンに肉と野菜が入っているから、ランチだったら、これ1個あればさっと食べられてほどほどに腹も満たされていいかも。手(チョキ)

ほら、皮の底には肉汁がしみ込んだ汁が溜まってますよ。

台湾2012_7006.JPG

地下の風景
台湾2012_7008.JPG

入ったお店のメニュー
台湾2012_7002.JPG

やがて蚵仔煎ができあがりました。

台湾2012_7003.JPG

台湾に来る度に食べてるから、蚵仔煎の味のハードルが上がってしまって、ここのは今一歩、という感じでした。

でも、うまいはうまいけどね。

これ、「お好み焼き」って呼ばれているけど、日本のそれとはちょっと違うんだよね。

とろっ、もちもちっ、としてるんだよ。

作るとこ見たけど、生地に片栗粉かなんかが入ってる感じ。

調べたら、サツマイモの澱粉が入ってるらしい。

ついでにレシピも発見。今度作ってみようっと。

クックパッドの蚵仔煎のレシピはこちら

旅々台北.comの胡椒餅の紹介はこちら

胡椒餅:40元(108円)
蚵仔煎:50元(135円)

新しくなった「新士林市場」の感想。

う~ん、正直がっかり。。バッド(下向き矢印)

なんか、駅前にあった昔の美食広場の方が、碁盤の目のように通路があって、広くていっぱい店があっていろいろ楽しめた気がするんですが(同じ食べ物でも複数のお店から選べた)、かなり店の数が減ってしまった気がします。気のせいですか??

ぐるっと1周まわる通路と1,2本の筋があるのみ。

以前の士林夜市の美食広場の店舗地図と比べるとさみしくなってしまいました。

※2005年に行った時の美食広場は下のようになってました。

台湾2012_2005年士林夜市1.JPG台湾2012_2005年士林夜市2.JPG

台北ナビの士林夜市の説明はこちら

地下から地上に上がり、士林夜市を散策します。

なんか、甘いいい香りが漂ってきます。

その匂いのする屋台を見ると「炸鮮奶 frying milk」の文字。

台湾2012_7009.JPG

牛乳のフライ」 です。

牛乳好きの幸福は、当然食べてみることにします。

注文してから、しばし鍋で揚がるのを待ちます。

台湾2012_7011.JPG

新月新月新月串団子のようにミルクボールが串に刺さって揚げられています。

あっつ。むかっ(怒り)

味は、なんというか、やわらかいミルキー味のような団子がフライになってる、、感じです。。

リピートするほどの感想はありませんでしたが、まぁ、ものは試しで食べてみるのもいいんでは。

1串20元(54円)

暑いとこで熱いものを食べたんで、今度は冷たいものを。

台湾2012_7014.JPG

かき氷です。牡羊座

う~ん、どれもおいしそうで悩みますねぇ~。

迷った時は珍しいものにチャレンジ!

桑葚綿綿冰」?

「桑葚」ってなんだ?

桑の実か??

台湾2012_7015.JPG

おいしそう~。

写真でわかってもらえるかどうかわかりませんが、この氷がやわらかいんだ。

口の中でとろとろふわふわにとけていきます。

味はベリー系ですが、プルーンのようにも感じます。

→ 日本に帰って調べたら、桑の実でした。英語ではマルベリー(Mulberry)と呼ばれるようです。子供のころ、近所になってるのを食べたなぁ。うまかったけど、日本の果物屋では見かけないね。

桑葚綿綿冰 80元(216円)


駅に戻る途中で日本人の団体客(社員旅行?)がヘビとたわむれてました。たらーっ(汗)

台湾2012_7019.JPG

駅に着き、券売機を見ると。。

台湾2012_7020.JPG

左の券売機の画面がなんか変。

台湾2012_7021.JPG

こんな画面が。。

そっとしておきました。たらーっ(汗)

ホームに上ると、かつて美食広場があった場所は建物もすっかり壊され、更地になってました。

台湾2012_7022.JPG

ちなみに以前の写真はこちら。

台湾2012_2005年士林夜市3.JPG


ホテルに戻る途中、コンビニコンビニに立ち寄り、この日まだ飲んでいなかったビールビールを買い込みます。

台湾に行く前に調べておいた珍しいビールを買ってみました。

台湾2012_7024.JPG

真ん中が普通のビール台湾ビール。左がビールパイナップルビール。右がビールマンゴービールです。

えー、っという人がいるかも知れませんが、ビアカクテルとして考えれば普通かと。

飲んでみましたが、料理と一緒に飲むには甘いかも知れませんが、これだけをちびちび飲むんだったらアリです。

食べ台湾のマンゴービール(芒果啤酒)パイナップルビール(鳳梨啤酒)の紹介はこちら

「台湾ビール」のサイト(台湾オリジナル)はこちら

マンゴービール(芒果啤酒):32元(86円)
パイナップルビール(鳳梨啤酒):32元(86円)

ということで、1日目。おやすみなさ~い。夜

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック